無料DNS「1.1.1.1 for Families」を試してみた。

ネットワーク気づいたこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ところでDNSサーバーって何?

Domain Name Systemの略で、IPアドレス(216.239.38.120)とホスト名(google.com)を紐づけする仕組みのとのこと。

アーキー
アーキー

ねぇ、a-key.workのIPアドレスを教えて!

DNSサーバー
DNSサーバー

はい、〇〇〇,〇〇〇,〇〇〇,〇〇〇です!

この仕組みのお陰でIPアドレスを入力しなくても、ホスト名で色々なサイトにアクセスできる訳かぁ。
なのでDNSサーバーとは、ホスト名に対するIPアドレスを教えてくれる場所って感じでしょうか?

DNSサーバーは変えなきゃダメなの?

通常は自動取得になっており、ISP(プロバイダ)からDNSサーバーのアドレスが設定されるので何も問題ないのですが、DNSサーバーを変えることでメリットもあるようです。

パブリックDNSに変えるメリット
  • 通信速度が速くなるかも
  • セキュアDNSなど付加価値を付けたサービスがある

無料DNS Cloudflare 1.1.1.1

高速・プライバシー優先を売りにした、Cloudflareが提供しているパブリックDNS1.1.1.1ですが、DNSレベルでマルウェア・アダルトコンテンツブロックする、セキュアDNS「1.1.1.1 for Families」の提供を開始しております。

高速・プライバシー優先のみ

IPv4アドレス:1.1.1.1 / 1.0.0.1
IPv6アドレス:2606:4700:4700::1111 / 2606:4700:4700::1001

高速・プライバシー優先+マルウェア

IPv4アドレス:1.1.1.2 / 1.0.0.2
IPv6アドレス:2606:4700:4700::1112 / 2606:4700:4700::1002

高速・プライバシー優先+マルウェア+アダルトコンテンツ

IPv4アドレス:1.1.1.3 / 1.0.0.3
IPv6アドレス:2606:4700:4700::1113 / 2606:4700:4700::1003

1.1.1.1 for Familiesに変えてみて

実際にDNSサーバーのアドレスを「1.1.1.3」に変更してみました。
インターネットの通信速度が速くなったかは、私の環境では明らかに高速化されたと体感できるものではありませんでした。ですが、速度の比較をおこなっているサイトでは早くなっているようです。
試してみたかったアダルトサイトブロックですが、全てでは無いのかも知れませんが確かにブロック出来ています!素晴らしい!
小さな子供の居る環境や、小規模な会社では優良なDNSサービスではないでしょうか。

まだある、無料パブリックDNSサービス

Google Public DNS

IPv4アドレス:8.8.8.8 / 8.8.4.4
IPv6アドレス:2001:4860:4860::8888 / 2001:4860:4860::8844

AdGuard DNS

デフォルト
IPv4アドレス:176.103.130.130 / 176.103.130.131
IPv6アドレス:2a00:5a60::ad1:0ff / 2a00:5a60::ad2:0ff

ファミリー保護
IPv4アドレス:176.103.130.132 / 176.103.130.134
IPv6アドレス:2a00:5a60::bad1:0ff / 2a00:5a60::bad2:0ff

Quad9

IPv4アドレス:9.9.9.9 / 149.112.112.112
IPv6アドレス:2620:fe::fe / 2620:fe::9

DNS.WATCH

DNSサーバーの変更方法は?

iPhone・Windows・MacOSXでの変更方法をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

まとめ

DNSサーバーの仕組みの部分が高速化されるのだけなので、激的に通信速度が速くなる訳では無く、また、ブロックするサイトの基準が解らないので、サイトが表示されないときの切り分け要素は増えちゃうかもしれませんね。

高速・プライバシー優先、マルウェア・アダルトコンテンツブロックと簡単な設定変更で優良なサービスを受けられるのは良し!

コメント

タイトルとURLをコピーしました