DNSの変更方法(iPhone編)

ネットワーク気づいたこと
スポンサーリンク

パブリックDNSサービスを利用する事で、通信速度の高速化やプライバシーの優先、また、セキュアDNS(マルウェアやアダルトサイトのブロック)など色々メリットがありますが、iPhoneでも同様に設定を変える事で、パブリックDNSに変更出来るのでやってみました。

iPhone 11 Pro Max システムバージョン 13.4.1で作業しました。

  1. 設定画面を表示しWi-Fiをタッチ

  2. DNSを変更したいSSIDのをタッチ

  3. DNSを構成をタッチ

  4. 手動をタッチ

  5. サーバーを追加をタッチし、DNSアドレスを入力

  6. 右上の保存をタッチし完了

たまに、最後の保存を押しても変更が反映されない状態がありました。
その場合、一度「このネットワーク設定を削除」をして、接続されてない状態をタッチし設定すると変更が反映されました。

まとめ

iPhoneにも「1.1.1.1 for Families」のマルウェア+アダルトサイトブロックDNSを設定してみました。パソコン同様、アダルトサイトはブロック出来ました!
設定は簡単に変更出来てしまいますが、子供用のiPhoneに設定するのも良いかも知れませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました